テンペの春雨エスニック炒め


【テンペの春雨エスニック炒め】
・テンペ 100~150g
・春雨 100~120g
・もやし 一袋
・セロリ 1/5本
・にんにく、しょうが 各一片
・ごま油 大さじ1

調味料
・鶏ガラスープ(顆粒) 少々
・醤油 小さじ1
・ナンプラー 大さじ2

 作り方)
1.テンペは薄いチップ状に切る(長さ2~3cm、幅2cm、厚さ2~3mm)。
2.春雨を2分程ゆででおく。
3.もやしを洗い、にんにく、しょうがをみじん切りにする。
4.テンペをオーブントースターで5分程温めてから、160度くらいの油でこんがりときつね色になるまで揚げる。(トースターで温めてから揚げると、早く色がついて揚げあがります)。
5.フライパンにごま油を入れて熱し、にんにく、しょうがを入れ、香りがたってきたらもやしとセロリを入れて炒める。
6.もやしとセロリに軽く火を通したら、春雨、鶏ガラスープを入れて炒める。
7.6に醤油とナンプラーを入れて、味を全体に絡ませて完成!



他にもテンペ料理のヒントにこちらもご覧ください。



テンペメーカーを使った作成動画はこちら(https://youtu.be/JCQhHuLyZTw
 
皆様のテンペ作りを、1回分に小分けした材料(脱皮大豆、テンペ菌)とテンペメーカー(2,500円相当のプレゼント)でグッと簡単、安価にします(テンペの相場って?)。














テンペが食べられます!

 

テンペ・・・まず食べてみたい。ですよね。

「テンペを身近に」を実現するために、普段はアジア料理を提供してる「三軒茶屋 アジアンバル Xin Chao - シンチャオ」さんに期間限定(9/30-10/6)でテンペを使った食事も提供頂けるようにお願いし、実現しました。

「テンペはどんな料理にもあう」を皆さんに体験してもらえるように、新しいテンペのメニューを開発するのでなく、既にあるメニューからテンペ使用がバッチリのものを選んでもらってます。

 ですから、例えばラグビーワールドカップに来ている海外からの友人と旧交を温める時に、「お肉はちょっと・・・」という友人との食事にもどうでしょうか?

私はいつも「ハス茶ハイ」飲みすぎて帰ります。皆さんも気を付けて。

三軒茶屋 アジアンバル Xin Chao - シンチャオ(https://www.facebook.com/xinchao3cha/154-0004 東京都世田谷区太子堂1-15-13  電話03-6450-8503







テンペメーカーを使った作成動画はこちら(https://youtu.be/JCQhHuLyZTw
 
皆様のテンペ作りを、1回分に小分けした材料(脱皮大豆、テンペ菌)とテンペメーカー(2,500円相当のプレゼント)でグッと簡単、安価にします(テンペの相場って?)。




1つの選択肢としての「手作りテンペ」

人類の重要なたんぱく質は、食肉、魚肉が支えてきてくれました(個人的な話でなく、総量として)。

ただ、昨今のボーダーレスな食肉の伝染病、頻発する自然災害、海洋汚染などの環境問題、人口爆発・・・様々な事が絡み合い、それらを経験してきている私達の内面は、様々な選択肢を求めているようです。先日は国連環境サミットで10代の女性から、怒りのこもったメッセージが世界に届けられました。また、ファストフード店でも代替肉の試験販売など、私たちの内面の声に応えようとしています。

様々なたんぱく質の摂取方法がありますが、大切なことは「この1つの方法しかないんだ」とか、「1番コスパいいんだ」とならない事ですよね。私たちは1つの方法に過度に寄りかかることのもろさを学んだ経験を活かして、多少不合理でも自分なりの手段・選択肢を複数持つことが大切なのではないでしょうか。昨今の「クラフト・・・」「手作り・・・」はの経済面一辺倒の思考から、多少の不合理性を受け入れた方がハッピーになるという意識が育ってきたという、良い兆候なのではと期待しているのですが。

OneFaceは皆様を経済合理性(金銭的なコスト)面からもサポートしていきます。ただ、「手作りテンペ」という選択肢で、生活者、そして生き物としての皆様の内なる声にも応えたいとも思っています。



テンペメーカーを使った作成動画はこちら(https://youtu.be/JCQhHuLyZTw
 
皆様のテンペ作りを、1回分に小分けした材料(脱皮大豆、テンペ菌)とテンペメーカー(2,500円相当のプレゼント)でグッと簡単、安価にします(テンペの相場って?)。