テンペ作りをもっと簡単に!(その1)



テンペ作りで手間のかかり、嫌がられる作業は「大豆の皮剝き作業」ですが、
OneFaceの材料は脱皮処理(大豆を機械的にこすり合わせて皮を擦り取っている)した脱皮大豆を使用する為、この作業がいっさい発生しません。

残る作業で私が面倒だと思っている部分を消していけたら、手作りテンペ生活に役立つと思い、この記事を書いています。

私が面倒に思っている作業は、「大豆を煮た鍋を洗う作業」です。何が大変なのか?煮た汁が蒸発し鍋の側面にこびりついて洗うのが大変なのです。

これを楽にする方法は、蒸発量が少ない鍋・・・圧力鍋を使う事でかなり解消されます。

少しは蒸発するのですが、多少こびりつきますが、かなり簡単に落ちます。
また、普通鍋で45-60分大豆を煮る時間が、トータル15分程に短縮できます(私の使ってる圧力鍋では、加圧調理時間は2-3分で、前後の昇圧、降圧で10分程度かかっています。)
圧力鍋で、大豆を煮る方法に関しては、お使いの圧力鍋説明に従ってください。各メーカーで異なるので、しっかりご確認ください。

圧力鍋を使うと「大豆を煮る時間」も大幅に減り「鍋を洗う時間」も大幅に減ります!




テンペメーカーを使った作成動画はこちら(https://youtu.be/JCQhHuLyZTw
 
皆様のテンペ作りを、1回分に小分けした材料(脱皮大豆、テンペ菌)とテンペメーカー(2,500円相当のプレゼント)でグッと簡単、安価にします(テンペの相場って?)。




フレッシュテンペを活用しよう!

手作りのフレッシュテンペ


OneFaceがお勧めする手作りテンペや、要冷蔵で販売(比較的商圏は狭い)するお店のテンペをフレッシュテンペと呼んでみることにします。そのフレッシュテンペが安価に手に入れられるのは結構貴重なんです。

1. フレッシュテンペは便利でおいしい
テンペも他の食材同様に、調理に活かされて美味しい料理に変身するのですが、その時に強い匂いや、独特の味があれば、調理の幅が狭まってきてしまいます。フレッシュテンペはそのような事がなく、様々な料理に変身します。
  
2. テンペの保存形態
フレッシュテンペ以外には、他の食材と同様に、加熱処理、冷凍保存処理により流通するものが多いです。一般的な加熱処理、冷凍保存処理の匂いや味の変化がテンペにもおこります。当然、テンペ作りには設備費用、消費地への輸送費などがあり「安価に・・・」とはいきにくい事情も生まれます。

3. フレッシュテンペを大量で安価に人口密集地に届ける事業は現れない
発酵に24時間以上を必要とする為、その分のスペース確保が必要になり、また、設備も必要になるのがテンペ作りです。人口密集地に近い地価の高いところでは、よほどテンペの需要が大きく安定していない限り、フレッシュテンペを大量に安価に届けられるような事業者は現れないと考えられます。

フレッシュテンペを安価に販売しているお店がお近くにある場合は、かなりラッキーだと
思います。固定客になってそのお店を盛り上げていってください。

しかし、それだけ貴重なフレッシュテンペですから、手作りをご自宅で楽しんでいただく以外にも、皆さんの活動にも様々な形で加えていただけると嬉しいです。飲食店をされてる方は、メニューに反映してみたり、料理教室をされている方は、食材に加えてみたり・・・。通年でテンペを作れるテンペメーカーが助けになると思います。



テンペメーカーを使った作成動画はこちら(https://youtu.be/JCQhHuLyZTw
 
皆様のテンペ作りを、1回分に小分けした材料(脱皮大豆、テンペ菌)とテンペメーカー(2,500円相当のプレゼント)でグッと簡単、安価にします(テンペの相場って?)。